これで完璧!体型の悩みを解決するウェディングドレスの種類と選び方を徹底解説

すべての女子の憧れである「ウェディングドレス」。いざ、これからドレスを着る事になって幸せなあなた。でも、ひとえにウェディングドレスと言っても種類が多すぎて、どうやって探したらいいのか、どんなデザインが自分に似合うのかもわからない…そんな悩みを抱えていませんか?

せっかく一生に一度の結婚式でウェディングドレスを着るなら、自分の体型にぴったりのドレスを来て、スタイル良く見せたいですよね!今回はそんなプレ花嫁さんのお力になれればと「体型のお悩み別オススメのドレス」をご紹介していきたいと思います◎

ウェディングドレスは、パーツの組み合わせによって着たときの印象がガラッ変わります。袖の形、首元の見え具合、胸元のデザインなどなど…沢山のパーツを組み合わせてデザインされています。

式場の雰囲気や、あなた自身の理想の挙式のイメージと照らし合わせて一番ピッタリなドレスはどれなのか、徹底的に探しちゃいましょう!

広告
目次

ドレスの基本デザインは?

まずはじめに、ベースとなるドレスのデザインをご紹介していきたいと思います。主に、どんな形をしたドレスがあるのか、好みの形はあるのか、ここでチェックしていきましょう!

1、Aライン

(引用:http://saburina.co.jp/)

ウェディングドレスのダントツ一番人気といえば、こちらの「Aライン」ドレスです。皆さんの中でウェディングドレスと言えば、一番にイメージが浮かぶのではないでしょうか?

ウエストの位置が高く、上半身から裾にかけて徐々に広がっていくシルエットが、アルファベットの「A」の形にみえることが名前の由来になっているんだとか。シンプルで上品なシルエットで、特に体型を選ばないことから、ダントツ人気の理由もうかがえますね◎

ウエストのラインが高めに設定されている事から、足を長く見せてくれる効果がありますので、低身長さんにもオススメの形です。

2、プリンセスライン

(引用:http://saburina.co.jp/)

まるで、物語に出てくるプリンセスの様な可愛らしいデザインなのがこの「プリンセスライン」です。ウエストまではぴったりとしており、ウエストより下がふんわりとパニエで広がる様に作られています。Aラインに続く人気の高さを誇ります。

お花を沢山散りばめたり、レース等をふんだんに使ってふんわりさせたり、可愛らしいイメージの形が多いです。キュート系のドレスを探している方にピッタリのデザインです。

3、マーメイドライン

(引用:http://saburina.co.jp/)

その名の通り、人魚を彷彿とさせるようなドレスの形をしている事から「マーメイドライン」と呼ばれています。ひざ下までがピッタリとしたラインで、裾へむけての部分は魚の尾びれのように広がっているデザインになっています。

メリハリのあるデザインのため、女性らしい自然でしなやかな曲線美を見せることができます。長身の花嫁さんやアメリカ寄りなボディラインをお持ちの方は、そのスタイルを活かすにはうってつけのドレスですよ♡

4、エンパイアライン

(引用:http://saburina.co.jp/)

スタイルアップを目指したい花嫁さんにぴったりのドレスが「エンパイアライン」。

ウェディングドレスの多くがウエスト切り替えのデザインですが、エンパイアラインは胸下からの切り替えで、スカート部分が多いのが特徴。古代ギリシャの女神をモデルとしたデザインで、年齢を問わず着られるデザインと言えます。

お腹の締め付けが無い事から、マタニティドレスとしても着れます。また、お腹周りのお肉が気になる!という方にもオススメ◎

5、スレンダーライン

 

(引用:http://saburina.co.jp/)

身体のラインが強調される細身のデザインなことから、スタイリッシュで大人の雰囲気を醸し出せるのが「スレンダーライン」。可愛らしい魅力よりも、大人の魅力を出したいという方にピッタリのドレスです♡

その細いシルエットから「ペンシルライン」とも呼ばれ、全体的にすっきりとした印象を与えてくれます。また、裾さばきが楽で小回りがきくため、会場を選ばずに着ることができるのもポイント◎

大人婚でも多くの方がこのドレスを着用されていますが、クール目なイメージを楽しみたい方にピッタリのドレスです。

6、ミニドレス

(引用:https://www.tutu-dress.com/)

若々しく可憐な印象を演出できるデザインなのが「ミニドレス」です。またの名を「ベルライン」とも呼ばれており、ウエストから下がベルの様な形をしているものが多い事から、そう呼ばれています。

ミニドレスは、その名の通り裾が短くなっているので、足のラインを強調したい方にもピッタリ!また、動き回って多くの方とお話ししたい二次会なんかにも、このミニ丈はオススメです◎

小柄な身長を生かしてミニドレスを着れば、とっても可愛らしい花嫁さんになる事間違いなしですね♡

7、セパレート

(引用:https://the-dressshop.jp/dress/others/bellte-029.php)

近年非常に人気の高いこちらのドレスは「セパレート」と呼ばれています。上下が分かれているところが特徴的なデザイン。一般的なウェディングドレスをイメージされている方が最初にこれを見ると、「これがドレスなの!?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

ここ数年、セパレートのドレスはデザインの数をどんどん増やしており、挙式披露宴を行わない、レストランウェディングや船上ウェディング等でもよく着られています。

何と言ってもこのデザインの良さは、動きやすさ。カジュアルなパーティーにもピッタリなドレスです。また、夏の結婚式では見た目的にも涼しくて、着ている側もかなり快適ですよ◎

悩みはこれで解決!体型別オススメドレス

さて、ここからが本題です!今回は「あなたの体型の悩みをカバーする為のドレス選び」ですので、悩まれている体の部分等を選び、チェックしてみてくださいね!少しでもあなたの体型のお悩みをお手伝いできればと思います◎

1、ぽっちゃりさんには「エンパイアラインorAライン」

私は太ってるからドレスなんて着れない…!って思われている方いませんか?ご安心ください。ちゃんとぽっちゃりさんにも似合うドレスはありますよ♡

ぽっちゃりさんにオススメなのは、お腹周りのお肉や脇肉等も隠せるような、エンパイアラインのドレスがオススメ。エンパイアラインは、胸の下からストン!と下に下がるラインになっているので、お腹周り、おしり周りまで綺麗に隠してくれます。二の腕等が気になるという方は、エンパイアのオフショルダーをチョイスするのがベスト。

もしくは、Aラインのドレスをチョイスすれば、体系を隠しつつ縦のラインも強調してくれるのでオススメ◎逆に、プリンセスラインのボリューミー過ぎるものや、体のラインがバッチリ出てしまうマーメイドラインなどはNG。

2、ガリガリさんには「パフスリーブorロングスリーブ」

全然太る事ができず、体のラインが細すぎてなんだか貧相に見えないか心配…と思われている方には、パフスリーブ系のドレスがとってもオススメ!

画像の様な大き目のパフスリーブにすれば、肩周りや腕の細さをしっかりカバーしてくれつつ、ボリューミーに見せてくれます。また、ロングスリーブで少しボリュームのあるレースの袖なども、腕の細さをカバーしてくれるのでGOOD◎

スカートの雰囲気は好みで選んで大丈夫ですが、プリンセスラインなどのふんわりとしたボリューミーなスカートの方が、女性らしい柔らかいラインを見せてくれるのでオススメです♡

3、高身長が悩みなら「プリンセスライン」

高身長なのがお悩みならば、下半身にがっつり目線が行きボリュームが出るように、プリンセスラインのドレスがオススメ。しかも、フリルやレース、お花等を大量にあしらったようなものだとなおGOOD◎

高身長を隠すには、縦のラインよりも横のラインを強調していく事がポイントになってきます。下半身にボリュームを出す事によって縦のラインがぼやけるので、横幅を広げていくようなデザインをイメージして選ぶと良いでしょう。

逆に、マーメイドラインやスレンダーライン等は余計に身長を引き立たせてしまう為、NG。

4、低身長が悩みなら「Aラインorスレンダーライン」

低身長が悩みならば、縦のラインを強調するようなドレスを選ぶ事がポイントになってきますので、Aラインドレス、もしくはスレンダーライン等もオススメ。

低身長を隠す為には、いかに縦のラインを長く見せる事ができるかが勝負になってきます。Aライン等のドレスでも、画像の様に斜めに広がっていくようなデザインにすれば、縦長効果が期待できます。スレンダーラインも縦にシュッとしたラインを強調するものが多いので、身長を高く見せるにはオススメです◎

プリンセスラインやミニドレス等は横幅にボリュームが出る上に下半身に目が行きやすくなってしまう為、NGです。

5、二の腕が気になる人は「オフショルダー」

二の腕が気になる肩は、オフショルダーデザインのドレスがとってもオススメ。袖口がV字にカットされているタイプや、フリルがあるものもスリムに見せてくれます。腕にぴったりくっつくタイトなものは避けましょう。

また、逆にビスチェタイプやノースリーブで思いきって二の腕を出し、ショールやグローブでカバーするというのも一案です。その方が細く見せてくれる場合もありますので、両方試着して試してみて、あなたの腕の形にマッチする方をチョイスされると良いでしょう◎

6、背中が気になる人は「背中に深めのVラインを」

背中のお肉が気になる!という方は、思い切ってがっつりVカットされているデザインのドレスを選んで、すっきりと見せるのがポイントです。しめつけが少ないものを選ぶのがポイント。

逆に、ビスチェタイプ等のしめつけがあるものを選んでしまうと、背中のお肉がビスチェラインに乗ってしまって逆に太く見えてしまうのでNG。

もしくは、背中を締め付けないレースで覆うタイプのバックスタイルも背中を強調させないデザインになっているのでオススメです◎

7、小顔に見せたい人は「Vネックのプリンセスライン」

小顔に見せたい人は、とにかく顔のまわりに広い空間を作ることが鉄則です。顔から胸元までの距離を作ってくれるVネックがオススメ◎ちなみに、首元をすっきりと見せる為に、アクセサリーは主張しないものがベスト!

また、肩にモチーフが付いているものは、対比効果で顔を小さく見せてくれます。スカートの形は、スレンダータイプよりも、断然ボリュームがある方が小顔効果は倍増します。

8、いかり肩さんには「大きなモチーフのあるドレス」

いかり肩さんは、とにかく肩の四角いラインを柔らかく見せるようにする事がポイントになってきます。その為、肩に目をあまり行かせない様にする為に、胸元や肩回りに大きなモチーフがあるドレスのデザインなどはとってもオススメ◎また、ショールを羽織ったりすると柔らかく見せてくれます。

逆に、パフスリーブや袖にモチーフがあるものは、いかり肩を強調させてしまうので絶対NGです!袖にモチーフがあるものが好みであれば、ワンショルダー等を選ぶ様にすると良いでしょう。

9、胸が小さい方には「お花が胸元にあるドレス」

胸が小さいから、ドレスなんて似合わないんじゃないか…なんて思っている方!そんな事はまったくありませんので安心してください◎

胸が小さくて悩まれている方は、胸元にボリュームを持ってこれるデザインがベスト。画像の様に、お花をあしらった様なデザインにすれば、胸元をふっくら見せてくれるので、胸の大きさも気になりません。

逆に、巨乳がイヤで悩まれている方は、少し苦しいかもしれませんがビスチェタイプやアメリカンスリーブのドレスをチョイスするとベスト。ハートカットなんて着てしまったら余計強調する形になってしまいますのでご注意を。

10、ウエスト細見せなら「斜めラインorエンパイアドレス」

身頃とスカート部分にV字や斜めラインのあるドレスをチョイスすると、ウエストをほっそり見せてくれる効果があります。

画像はウエストの一番細い部分から上下に向かって膨らみを持たせるようなデザインになっているので、こういったデザインにすれば、ウエストを細く魅せつつも上下にボリュームが出せるので、自然と引き締まったラインに見えます。

ボレロやオーバーブラウスなど、スカートと上半身の間に空間があるものや、上下が違う素材のドレスを選べば、ウエストが細く見えます。オーバースカート付きのドレスや、バストの下にギャザーが入ったデザインのドレスもオススメ。本当に気になってしまう方は、下の画像の様な上下別れているドレスもGOOD◎

11、お尻のラインを隠すなら「Aラインorプリンセスライン」

ふっくらしたお尻のラインを隠したいならば、Aラインもしくはプリンセスラインのドレスがオススメ◎画像の様に、ウエストの下からお尻にかかるラインまでモチーフがあるものだと、ウエストのくびれからお尻のトップラインまでを綺麗に見せてくれるので、デザイン選びも大事なポイントです。

逆に言うと、ウエストが締まっていない形を選んでしまうと、胸から下が寸胴に見えてしまって逆に太く見えてしまう可能性がありますので、ウエストが締まっている形を選ぶようにするのがベスト!

基本的には、スレンダーラインやマーメイドの様なピッタリくる形でなければ、お尻のラインは隠す事が出来ます。

ドレスの細かいパーツ紹介

次に、ドレスの細かいパーツや色味等を見ていきましょう。デザイン等の好みが決まったら、細かい部分をどうするかも決めていかなければなりません。あなたの体型にぴったり合うような形や色を探していきましょう。

ドレスの色

まずは、ドレス自体の色味をチェックしていきましょう。ウェディングドレスといえば白のイメージがあると思いますが、その白にも種類があるのをご存じですか?

ピュアホワイト

(引用:http://saburina.co.jp/)

いわゆる「純白」と呼ばれるピュアホワイト。まさに花嫁の純白なイメージ通りのカラーリングですが、実は他の2色に比べるとピュアホワイトのウエディングドレスと言うのは数が少なく、全体の2割程度と言われています。ちょっと意外ですよね…!

ピュアホワイトのドレスが似合う人の特徴は、肌が白くて瞳も暗めな色、髪の毛も明るい寄りは暗めの黒~茶色、といった方にピッタリの色味になっています。また、肌の色をハッキリ見せてくれる効果がある為、肌が黒目な人にもバッチリ似合いますよ♡

オフホワイト

(引用:https://the-dressshop.jp/)

ピュアホワイトに若干の灰色が混じった色がオフホワイトです。実はこのオフホワイトが日本人の肌の色に一番馴染みやすい色味と言われており、ウェディングドレスの7割以上がこのオフホワイトで作られていると言われています。そのため、さまざまなデザインから気にいった1着を選ぶことができるのが最大のメリットと言えるでしょう◎

オフホワイトのドレスが似合う人の特徴としては…基本的には日本人の女性に一番幅広くなじむ色、と言われていますが、あえて言うのであれば、肌はピンク色寄りな肌質、目はソフトな茶色、髪の毛は繊細な黒系~アッシュ系等に映えると言われています。

ただ、本当に人を選ばずに馴染む色味なので、単純にデザイン重視で選ばれたとしてもきっとお似合いになる事間違いなしだと思いますよ♡

アイボリー

(引用:https://the-dressshop.jp/)

アイボリーは、オフホワイトよりも淡い黄色が入った色味で、キナリ色とも割れています。エンパイアライン等のデザインのドレスだと、よりナチュラル感が増してとっても可愛らしいですよ◎また、ドレスの色が淡い黄色であることから、肌が明るく見える効果もあります。

アイボリーのドレスが似合う人の特徴は、肌は黄色みがある肌質、目は茶色ベース、髪の毛もふんわりした茶色の髪質がピッタリだと言われています。基本的に日本人は黄色みのある肌質の方も多いので、アイボリーも馴染まれる方がかなり多いと思います。

アイボリーという色味自体もそうですが、ナチュラルな雰囲気や柔らかい印象を出したい!という花嫁さんにぴったりのカラーとなっています。

首回りのデザイン

次は、首回りのデザインです。首回りは女性の魅力をぐっと引き出してくれる大事なラインなので、あなたの体型に一番似合う形をチョイスする様にしましょう!

ビスチェ

一番シンプルな胸元の形をしているのがこのビスチェタイプです。ビスチェとは、本来肩紐のないコルセットタイプのブラジャーのことを指します。ビスチェの種類の中でも最も王道なのがこのストレートラインのビスチェで、背中も美しく見せてくれます。

体型を選ばず着ることができるので、どんな方でも上手に着こなす事ができるデザインでしょう◎

ハートカット

胸元がハート型にカットされたビスチェのデザインです。女性らしさが際立つ丸みを帯びたハートのラインは、デコルテをすっきり見せてくれるため、ストレートラインのビスチェよりもより軽やかに、カジュアルな印象でドレスを着こなすことができます。バストにボリュームがある方に、特にオススメのデザインです◎

ハートカットは、Aライン、プリンセスライン、マーメイド等の様々なドレスのデザインに対応できる形になるので、幅広いデザインの中から選ぶ事が出来ます。

ハイネック

ハイネックとは、首周りを覆う高い襟のついたデザインのことです。露出が少なく、上品でエレガントな印象を与えてくれます。

首が長く細身体系の方に特にオススメで、あまり肌を出したくない方や、ほっそりとした体のラインを少しでも隠したい!という方にはピッタリの形になります。

Vネック

胸元をすっきり広く見せてくれるのがこのVネック。鎖骨のラインはもちろん、肩までラインが繋がっているので、肩幅が広い方にもオススメのデザインになっています。

首が短い…と悩まれている方にも、このVネックのデザインは最適な形と言えるでしょう。

ホルターネック

ホルターネックとは、胸元から続く布地、または紐が首の後ろで結ばれたデザインのことです。肩のラインをすっきり華奢に見せてくれ、鎖骨を美しく見せてくれる効果があります。

ホルターネックは胸が強調されるデザインが多いので、バストに自信のある方や、スタイル抜群な方にも是非着て頂きたいデザインです。

ボートネック

ボートネックとは、鎖骨部分がちらりと見える首周りのラインが浅く広く広がったデザインのことです。体系を気にせず着ることができ、ちらりと見える鎖骨がセクシーで上品な印象を与えてくれます。

上品で品のあるデザインが多いので、綺麗系、大人系女子にぴったりのデザインです。

袖のデザイン

最後は、ドレスの袖のデザインです。袖周りのデザインによって、二の腕だったり肩のラインだったりの見え方がガラッと変わるので、あなたのお悩みを解決する袖のデザインを選びましょう!

オフショルダー

オフショルダーとは、首周りが肩まで大きくあいたデザインのことを指します。鎖骨が見えるデザインは、女性らしい華奢な印象を与えてくれます。二の腕が気になるという方は、オフショルダーのデザインをうまく使ってカバーする事ができますよ◎

ちなみに、オフショルダーデザインもかなり豊富で人気のスタイルで、肩の出し具合や、二の腕の隠れ具合なども幅広くデザインが展開されているので、あなたの肩回りを綺麗に見せてくれるものが見つかる確率はかなり高いと思いますよ!

ワンショルダー

左右いずれかの肩にドレスがかかっている、デザイン性の高い形になります。アシンメトリーな印象もあり、一味違ったドレスの印象付けができる事間違いなしです◎個性を出したい方や、目立ちたい!という等にとってもオススメのデザイン。

ちなみに、デザインの傾向としては、画像の様なお花のついた可愛らしいデザインから、本当にシンプルでクールな大人デザインまでかなり幅広くあるので、好みのデザイン自体のイメージで探す事が出来ます。

ロングスリーブ

いわゆる、長袖のドレスのデザインの事を指します。肩口から手首までドレスで覆うことで、よりカッチリとしたクラシカルな雰囲気を持たせることができます。キャサリン妃が着用してから大きく注目され、北川景子を始めとする芸能人も多く着用しています。

ロングスリーブのデザインは、華奢で細見の女性にとても似合う形になっています。逆に、ぽっちゃりさんが着てしまうと、白が膨張色な為、よけいに腕が太く見えてしまう可能性があるので要注意です。

アメリカンスリーブ

首元から脇下まで肩を大きく露出させたデザインのことを指します。パッと見はノースリーブタイプのウエディングドレスです。肩を大胆に出すデザインがアメリカ風の雰囲気を感じさせることから名前が付けられています。

肩幅などに悩みをかかえる場合、アメリカンスリーブのラインが肩を綺麗に見せてくれたりしますし、逆にいかり肩の肩がアメリカンスリーブを着るとスタイリッシュに見えることもありますので、逆手にとってチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか◎

フレンチスリーブ

フレンチスリーブとは、肩に切り替えがなく身頃から続いた袖の事でキモノ・スリーブとも言われています。肩を覆うくらいまでの短めのデザインが多くあります。どちらかというと清楚系のデザインが多いので、そういったイメージがお好きな方に人気の形となっています。

画像の様にちょっとレースみのあるデザインから、お花が沢山散りばめられたふわふわなデザインなど、沢山の形がありますが、基本的には袖にあまりかからないデザインがありますので、二の腕はがっつり出るイメージですね◎

パフスリーブ

 

パフスリーブは、ギャザーやタックなどで袖山や袖口をふくらませたものを指します。ディズニーのシンデレラのドレスはまさにパフスリーブですね!袖丈は長いものから短いものまで様々な形がありますが、基本的にはふんわりとしたデザインが多く展開されています。

パフスリーブは、肩にふわっとした膨らみを持たせてくれる為、二の腕カバーだったり、なで肩の悩みをカバーしてくれますので、そういった方にはぴったりのデザインになっています◎

ドレスのレンタルするなら?

さて、ひとえにドレスといっても本当に沢山のブランドやショップがありすぎて、迷われている方も多いと思いますが、今回はとあるドレスレンタルのショップをご紹介したいと思います。その名も「SABRINA」です。

SABRINAは、表参道駅から徒歩5分という絶好の立地にあり、「海外ドラマのヒロインの様なゴージャスなドレス」をメインにレンタルしてくれるショップになります。カワイイ系からクール系、ゴージャス系まで幅広く展開されているので、あなたの憧れのヒロインに近づけるデザインがきっと見つかります♡

しかも今なら、初回来店&レンタル申し込みをすると、ヴェール、ネックレス、イヤリング、グローブ、パニエ、シューズのレンタルは全て無料でプレゼントしてくれるサービスなども行っています。今がチャンスですよ♡試着しにいくだけならもちろんタダなので、是非チェックしてみてくださいね!

SABRINAの公式サイトを見る

まとめ

今回は、ウェディングドレスの種類や色、デザインについてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?あなたの体型のお悩みを解決できるようなデザインは見つかりましたか?

ウェディングドレスと言っても本当に沢山の種類がありますし、細かいパーツで印象や見え方などもかなり変わってくるので、あなた自身で「自分の体のどこが一番気になるのか」をまず考えて、そこをカバーできるデザインを探すところから始めると、きっと近道になりますよ!

ちなみに余談ですが、私の場合で言うと…

  1. 肌質はピンクがかっているが結構白目…ドレスのカラーはピュアホワイトorオフホワイト
  2. おしりの大きさを隠したい…Aラインorプリンセスライン
  3. 二の腕が気になる…オフショルダーで袖が広がっているもの

悩みで言うとこのあたりです。こういった形で絞っていくと、必然と自分の体に似合うドレスが見つかってきますので、どこが一番気になるのか、という所をまず考えてみてくださいね!

ここのベースが定まったら、あとはその条件に合うドレスの中から、好みのデザインをチョイスしていけばよいのです◎

是非、ウェディングドレス選びの参考にしていただけたら嬉しいです♡

広告