結婚式で生理が重なりそうな花嫁さん必見!ドレスを汚さない為の対策まとめ

自分にとって大切な結婚式なのに、手帳を見たら「生理と重なりそう!」と困っていませんか?私も実は結婚式当日に重なることを予想して、かなり焦っていた人間です。

人によってそれぞれかもしれませんが、やっぱり生理ってホルモンバランスの関係でストレスも溜まりやすいし経血の量が多かったりすると汚れていないかとっても不安になってしまいます。

特に結婚式では真っ白なウェディングドレスや白無垢を着るとなると、汚れてお尻部分や内側が赤く汚れてしまったら…想像しただけで恥ずかしいですし絶対にそんな思いしたくありません!

 

今まで実際に私は、生理中に服を汚してしまったことが何度かあったのでその恐怖でいっぱいでした。生理痛も重いので「何とかして当日重ならないようにしなきゃ」と悩んでいました。

といっても、生理は自分で調整できるものじゃありません。だからこそ、万が一重なってしまったらどうしたらいいのかしっかり対策しておかないといけませんよね。

 

結婚式当日に、テンションが下がらないようにする為にも万全の体制で迎えてほしいです。ここでは、生理に関する対策をそれぞれ3パターンに分けてまとめてみました。

重なりそうな人、生理がきてしまった人、生理が終わる人とそれぞれに試してほしい対策を紹介しているので、是非こちらの記事を読んで少しでも参考になれば嬉しいです。

 

広告

重なりそうな時の3つの対策

まずは、重なりそうな日程だとわかったらやっておくべき3つの対策についてお話していきますね。

「どうしよう…来ちゃったらイヤだな」っていう気持ちは、みんな同じです。結婚式当日に生理がきて喜ぶ花嫁さんなんてどこにもいません。悩んでいてもストレスが溜まって、肌にも悪いのでとりあえずこちらをチェックしてみてください。

読んで損はしないので、少しでも不安に思っている人は是非参考にしてみてくださいね。

1. 生理前ならピルで調整する

確実に生理が重ならないようにずらしたいのであれば、ピルがおすすめです!

元々私は生理痛が酷く、頭痛や吐き気が出るくらいのレベルだったので使っていました。避妊薬として認知されていますが、生理周期をコントロールしたり生理痛の緩和にも効果があるんです。

ただ初めて使う時は、副作用で身体に慣れず人によって吐き気がすることがあるのでピルを使って重ならないようにしたい人は早めに産婦人科へ受診して使い始めておきましょう。

2. お腹を温めてマッサージする

急過ぎてピルを使う時期が遅い場合は、とにかくお腹を冷やさないようにしてください。生理になった時は、冷えると生理痛が酷くなったりしますよね。

夏場でもお風呂で温まったり、マッサージをするだけで生理痛が緩和されます。また、むくみも酷くなるため顔や足など気になる部分は念入りにマッサージをしましょう。私は参列側で生理が重なりそうだったときに、コロコロローラーでずっと血流を良くしていました。

むくみと冷えには注意しておかないと、せっかくエステなどで綺麗になっても努力がムダになってしまいます。なので出来るだけマッサージをして代謝を良くしてくださいね!

3. 美白効果のあるスキンケアを使う

生理前は特に肌トラブルがつきものですよね。私もよく顎あたりにニキビができやすくなるので、ホルモンバランスの影響って本当に凄いなって思います。

どうして美白効果のあるスキンケアかというと、生理前って肌を守ってくれているバリアが低下してしまうので紫外線などによりシミができやすいからなんです。

これはエステへ行った時に、「生理前は特に注意してね」とアドバイスされて知りました。ニキビはもちろんですが赤みも出やすいので、普段使っているスキンケアにプラスして美白効果のある美容液などを使ってみてくださいね。

 

生理になった時の3つの対策

結婚式当日の生理が1番辛いですよね。特に2日目とかだと量も多いし大変です!普段でも汚さないように気を使うのに、ウェディングドレスを着ていたら余計に気になっちゃいますね。

やっぱり生理って辛いですよね。当日に重なってしまったら、テンションも下がってしまいます。

ここでは、経血の漏れや汚れが気にならなくなるためについてまとめました。ドラッグストアで全て解決できる内容なので、是非チェックしてみてください。

1. 生理痛の痛み止めを飲む

もうこれは絶対に忘れてはいけません。普段は生理痛が軽いという人でも飲んでおくことをおすすめします。

何故なら、結婚式当日ってかなり緊張しているしドレスや着物で普段よりも圧迫されているので突然頭痛がしたりするんです。なので、予め市販薬でも良いのでロキソニンなどの生理痛の痛み止めを飲んでおいてください。

挙式が終わって一段落したあとに、フッと緊張が解けた時などにも要注意です。

2. ショーツタイプナプキンを使う

ナプキン派の人であれば、通常の夜用ではなくショーツタイプナプキンを利用しましょう。

履くだけで全体がナプキン構造なので、下着が汚れてしまう心配もありません。長時間入っていても大丈夫なので、わざわざトイレに変えに行く必要がないのもとってもラクです。ゴワゴワ感もないので、その上からガードルを履いておけば全く問題ありません♪

経血の量が多かったり、タンポンを使うのに抵抗がある人はショーツタイプを使ってみてください。

3. タンポン×ナプキンで防ぐ

普段からタンポンを使っている人であれば、是非そのままタンポンを使ってください。ドロっとした時のあの感覚もないし、4〜5時間はそのままでも大丈夫なので着替える前に使っておけば大丈夫です。

更に薄めのナプキンで防ぐことによって、経血で汚してしまう心配もありません。

結婚式当日に生理が来てしまうことは、かなり憂鬱になってしまいますよね。本当にその気持ちわかります…でも、こういった対策をしておくことによって、少しでも軽減できるので諦めないでくださいね。

 

生理後による2つの対策

生理がなんとか終わりそうという時期…「結婚式とかぶらなくて良かった」とホッとしているのもつかの間です。

結婚式の準備は気付かないうちに疲労とストレスが溜まってきてしまいます。なのでいつもよりも長引いてしまったり、オリモノが続くことがあるんです。

ここでは、そんなときの対策についておすすめの方法も含めてご紹介します!

1. おりものシートを付ける

生理が終わった後でも、時々経血が残っていてオリモノと一緒に流れてくることがあります。下着を汚さないためにも、おりものシートを付けておいたほうが安心しますよ。

また、ニオイも気になるので香り付きタイプを付けておくとトイレへ行った時にモワッとしません。周りの人にまで臭うことはありませんが、気になる人はエチケットとして使ってみてくださいね。

2. インクリアで膣洗浄する

「当日安心して式を迎えたいからスッキリしておきたい!」って思った人は、膣内洗浄することをおすすめします。最近では市販でも、使い捨てビデが販売していますよね。

膣内洗浄をすることで、中で落ちてこなかった経血や残っていたものがスッキリと流れてくるので「終わりかけの生理が早く終わる」とも言われています。

でも、私がおすすめしたいのが産婦人科の医師と共同開発で作られた”インクリア”です。効果は3つあります。

  1. ニオイがなくなる
  2. オリモノの量が減る
  3. スッと流れてスッキリする

いつも生理前後のニオイが気になる時は、絶対に使っています。とにかく無臭になって、中がスッキリするので使っていて気持ちが良いです。

使う時は前日に使う

使い捨てビデのように一瞬でドバっと流すタイプではありません。インクリアは水ではなく、ジェルになっています。なので、徐々に汚れが流れてきます。

当日に使うと、おりものシートが汚れやすく変えにいく手間がかかるので前日に使っておきましょう。

【インクリア】

 

まとめ

せっかくの結婚式、主役だからこそ花嫁さんとして楽しみたいですよね。エステに通ったり、準備をしたりと色々と頑張ってきたと思います。それを生理によって、体調を崩してしまったりストレスになっては絶対に勿体ないです!

  1. 生理と重ならないかチェック
  2. ピルで身体を慣れさせる←おすすめ
  3. 生理のタイミングを調整する

この3ステップによって、生理と重ならないようにできます。「薬に頼りたくないな」という人は、今回お話した対策内容でドレスを汚さないように対策してみてください!

不安がなくなってスッキリとした気持ちで、結婚式を迎えられますように…

広告